慎研工業の溶接

新潟県燕市の金属製造業は食品、医薬品製造、各種プラントなど、日本の高度成長を支えてきました
その中でステンレスの溶接はもっとも基本的な、エッセンシャル・ワークとして発展してきました。
TIG溶接
慎研工業はステンレスのTIG溶接に特化して、25年間研鑽してきました。
発電所や各種プラントなど日本の高度成長期に培われてきた先人の高度な技術の継承をしてきました。
さらに、様々な独自の技術を開発してきました。

バフ研磨とTIG溶接の一貫生産
慎研工業ではバフ研磨とTIG溶接を一貫生産をすることで、
ビードカットなどより、効率的に、高品質な仕上がりを実現しています。
独自の特許技術
慎研工業はTIG溶接時の熱による酸化防止の独自技術を開発しました。
特許第5286442号
「溶接のためのガスノズル、およびこのガスノズルを用いた溶接方法」
(2013.6.7 登録)
円周自動溶接
慎研工業では2018年から半導体特殊ガス配管用ステンレスチューブの円周自動溶接を設備しました。
温度、湿度を管理できるクリーンルームにはアルゴンガスの内圧コントロールシステム、パージ用N2ガス、梱包設備を備え、製品をコントロールした状態で御社にお届けします。

内作のお手伝い
半導体製造施設の特殊ガス配管用ステンレスレスチューブ円周溶接には
製造過程から厳格な溶接条件と品質管理が求められます。
お忙しい御社に代わり、特殊ガス配管用ステンレスチューブ、
バルブ、継手、チューブ継手、アダプター継手、パネル等の内作を承ります。
対応素材
SUS304, 316, 316L, BA管、EP管(焼きなまし鋼管)
外径1/4インチ(6.35mm)
3/8インチ(9.53mm)
1/2インチ(12.7mm)

慎研工業の溶接

TIG溶接

慎研工業はステンレスのTIG溶接に特化して、25年間研鑽してきました。発電所や各種プラントなど日本の高度成長期に培われてきた先人の高度な技術の継承をしてきました。さらに、様々な独自の技術を開発してきました。

円周自動溶接

円周自動溶接はステンレス配管・サニタリーパイプ配管 などの円柱状の溶接に使用します。 内部溶接を一気におこなうことができるので、 クレーターができにくくなります。